高卒の就職成功ルール!就活ガイドブック

*

志望業界を決めよう!

   

業界の種類と特徴
 
 数多くの業界と職種があるため、これから就職するにあたってどういった業界に就職しようかと迷うことも多いでしょう。

 まずは色々な業界について知ることからはじめるのが良いです。例えばサービス業の場合はお客様と接する機会が多いことから、コミュニケーション能力が必要となったり、製造業であれば、どちらかといえばコツコツと作業ができる人の方が向いているかもしれません。

 他にも金融業や不動産業など多々あります。どの業界についても言えることですが、仕事をするにはその業界の特徴や専門的な知識が必要となってきます。ただ、募集内容によっては未経験者でも可能となっているケースもあるため、業界について詳しく知らなくても応募は可能です。

 また、経理や人事での仕事となる場合には、部署によって細かな作業に多少変化はありますが、おおまかな作業は、似たような内容になることもありますので経験者の方が優遇されるケースもあります。

志望業界の選び方のポイントとは?

 志望業界を選ぶポイントとしては、まず自分についてよく知ることからはじめましょう。人には必ず向き不向きがあるものです。よく好きなことを仕事にしたいという方がいますが、みんながそうとも限りません。むしろ嫌な作業でも仕事をしなくてはいけないことも多いです。

 そのため、自分にとって得意なこと、向いていることをよく理解して、仕事を選ぶのが良いです。例えば同じ場所で繰り返し同じ作業をするのが苦じゃない人ならば製造業、人とせっするのが好きならサービス業が向いているかもしれません。

 このように、まずは自己分析をしっかりと行うことが大切となります。また、将来の目標や夢、やりたいことが決まっている人は、必然的に志望業界も決まってきます。例えば将来自分のお店を持ちたいといった夢がある方は、そのお店に関連する業界、洋服屋さんならば服飾関係の業界、飲食店ならば飲食店業界での経験が必要となるでしょう。

 さらにお店を持つということは経営者としての知識や経験も必要となりますので、経理や店舗経営ができる業種に就職することも大事です。このように志望業界を選ぶポイントとしては、まずは自分が何をしたいのか、何ができるかを把握することで、必然的に決まってくるのです。

 - 就職活動を始める前に

  関連記事

gf0110046094l[1]
応募企業の見分け方は?

就職を避けるべき業界と就職すべき業界の見分け方とは? 高校生が就職する際には、社 …

no image
雇用形態について理解しよう!

雇用形態について理解する  働く上で雇用形態を理解しておくことは大切です。世の中 …