高卒の就職成功ルール!就活ガイドブック

*

自分のウリを見つけよう!

   

自分のウリを見つけよう

 高卒での就職活動では、企業を選ぶ前に、まず「自己分析」をしっかりしておく必要があります。
 そもそも「自己分析」とは、自分が大切に思っていることは何か、ベースとなる価値観を知るために行います。
 そこに正解・不正解はなく、自分の長所や強みを活かして、長くやりがいを持って働くことができる仕事を見つけるために、自分を知ることを目的に行います。
 そして、それは応募企業に対して、自分のウリが何かを見つける作業でもあります。
 自分のウリが何かを理解できていれば、それを活かせる求人を探して、応募する企業に合わせた自己PRを考えることができます。

  まず、「自己分析」の進め方ですが、学校やアルバイト、ボランティアなどさまざまな体験の中で、好きだったこと、面白かったこと、辛かったこと、がんばったことなどを、髪に書き出すことから始めます。思いつくままに書き進めたら、それを一つずつ分析するのです。一つの体験ごとに、どうしてそう思うのかの理由、複数で何かを成し遂げた経験がある場合は、そこで担った役割なども、合わせて書きます。すると、自分が何に強くて、何に弱いかが見えてくるはずです。
 
 それが済んだら、次は将来について考えます。5年後、10年後に自分がどうなっていたいかを、イメージしてみるのです。どんな仕事に就きたいかが明確でないのなら、どんな働き方をしていたいのか、どんな生活を送りたいのかをイメージしてください。そして、それを実現するためには、いま何をしたらよいのか、これからどんな努力が必要なのかを考えるのです。それが、業界や職種、企業を選ぶ基準をつくってくれるはずです。

ウリの見つけ方のポイントとは?

 では、自分のウリの見つけ方のポイントに、話を戻しましょう。それは、自分がひとよりも得意だったり、向いていることを探すことです。例えば部活動や生徒会活動で、グループの中で率先して物事に取り組んでいるひとなら、場を仕切ったり、リーダーとして組織をまとめることがウリになるでしょうし、みんなが活動しやすいように準備を整えたり、気配りをすることが得意なひとは、協調性がウリとなります。

 このように、自分の経験を振り返り、一つずつ分析を進めていけば、自分のウリを見つけやすくなります。そのウリを自己PRに盛り込んで、内定を目指してください。

 - 自己分析

  関連記事

af9980011529l[1]
自己分析をするポイント

自己分析をするポイントとは?  高卒で就職をしようと思っているあなたは、「自己分 …

af9960003871l[1]
自己分析について学ぶ

自己分析って何?自己分析をする理由とは?  高卒で就職しようと考えたとき、「自己 …